BrandingTopics5 #11 : 新Facebookページでより深いブランド体験を

「Branding Topics 5」と題して、国内外のブランディングやデザインに関する
注目トピックス、ニュースを毎回5本、ピックアップしてご紹介して参ります。
今週は新Facebookページや、来週に迫った震災関連の取り組みなどをピックアップ。
SNS
新Facebookページでより深いブランド体験を
Facebookをされている方ならタイムライン表示をご存知かと思います。今は個人用のページにのみ適用されているタイムライン表示が、3月末には企業やブランドなどのFacebookページにも適用されます。これまでに比べ、ヴィジュアルの部分がかなり大きくなり、ブランドの訴求効果も高まりそうです。また、タイムラインと言うだけあって、これまでのウォールとは異なり、今の情報だけでなく過去の歴史を掲載できるのもポイント。スターバックスなどではこれまでのヒストリーをページを掲載し、より深いブランドへの理解を促しています。
ITmedia エンタープライズ 2012/3/1付:Facebook、「ページ」にもタイムラインを適用 3月31日に一斉切替
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1203/01/news033.html
ブランディング
中国市場でも確固たる地位を築いた資生堂のブランド戦略とは
1981年と、早くから中国展開を始めた資生堂。当時の中国市場はまだまだ発展途上で、人々の文化意識も低い中、化粧品というブランドイメージがとても大切な製品をいかに販売するか。そこには日本で培った精神が活かされていました。ローカライズすべきところと、オリジナリティとして大切にすべきところを切り分け、長年に渡って徹底することでブランドを成功へ導いています。
NetIB-NEWS 2012/2/29付:資生堂の中国戦略(前)~日本的「おもてなしの心」でトップブランドへ
http://www.data-max.co.jp/2012/02/29/post_16433_is_1.html
レポート
世界小売ブランドランキング2012、MUJI、ニトリ、AEONが初ランクイン
インターブランドから世界の小売りブランドを7つの国と地域で集計したランキングが発表されました。小売ブランドだけあって、国と地域によって全く違うブランドが上がっています。アメリカでは「Walmart(ウォルマート)」、イギリスでは「TESCO(テスコ)」、フランスでは「Carrefour(カルフール)」、アジアパシフィックでは「Woolworths(ウールワース)」が1位に。いずれもスーパーマーケットで、やはり食品関連が強い印象です。日本からはUNIQLO、MUJI、ニトリ、ヤマダ電機などがランクイン。
Fashionsnap.com 2012/2/27付:MUJIが初のランクイン 世界小売りブランドランキング2012
http://www.fashionsnap.com/news/2012-02-27/best-retail-brands-2012/
ニュース
震災から1年、ユニクロで新たに復興支援プロジェクト
世界小売ブランドランキングでアジアパシフィック2位となったユニクロは、社会貢献にも積極的に取り組んでいます。これまでの支援に加え、震災から1年経つこの3月に「ユニクロ 復興応援プロジェクト」をスタート。被災地で活動しているNGOとの協働や、被災地にユニクロ店舗をオープンするといった取り組みを行っていくそうです。
MODE PRESS 2012/2/22付:ユニクロ、東日本大震災「復興応援プロジェクト」立ち上げで中長期的支援
http://www.afpbb.com/fashion/article/fashion-mp/2861759/8568245
ブランディング
東日本大震災への支援、日本から世界へ感謝を伝える「Japan.Thank You.」キャンペーン
震災から1年となる来週へ向け、多くの取り組みがなされています。観光庁では、日本から世界への感謝を伝えるというコンセプトで「Japan.Thank You.」キャンペーンを実施。訪日観光客へ向けた国内各所でのプロモーションや、地域や企業と連携した感謝イベントが催されるようです。
観光庁 2012/2/27付:東日本大震災から1年。日本から世界へ、「感謝」を伝えます。~「Japan.Thank You.」キャンペーンの開始~
http://www.mlit.go.jp/kankocho/news08_000103.html