【特別対談講演会】山田崇雄×岩佐倫太郎 たくさんの作品画像で綴る「見て楽しい」講演会!

201510_ty_kouza

ますます高度化、複雑化する現代社会の諸問題。この解決にポスター、広告、ロゴマークなどの「グラフィックデザイン」が果たす役割は一層大きくなってきています。
本講座の第1回では、「グラフィックデザイン」の変遷を振り返りながら、今後「グラフィックデザイン」がどういう責任を果たしていくべきかの未来提言を行います。
続く第2回では、現代社会を生きるすべての皆さんに役立つ「デザイン・シンキング」について分かりやすく解説します。
会 場 大手前大学 さくら夙川キャンパス メディアライブラリーCELL
定員 各回200名
参加費 無料
主 催 大手前大学

山田崇雄プロフィール

1938年大阪に生まれる。1961年~1971年早川良雄デザイン事務所にてチーフデザイナーを務める。1971年独立。1977年株式会社TCD設立。大阪府アートディレクター、大阪デザイン団体連合会長などの公職を歴任。現在、TCD代表取締役会長を務める傍ら、日本広告制作協会関西代表、大阪広告協会理事、佐治敬三賞審査委員長、広告電通賞選考委員などを通じ、関西のクリエイティブ界を牽引している。

特別対談講演会は終了致しました。

<!–

参加ご希望の方はFAXまたは大手前大学Webサイトのお申し込み専用フォームからお申し込みください。
FAXの方は、お申し込み用紙(PDF:288KB)に必要要項を明記の上、0798-32-7526(大手前大学事務局宛)に
お送りください。
btn_kouza
※大手前大学のサイトにリンクします。

–>