株式会社アシックス

グローバルに向けたアシックスのリ・ブランディング

スポーツマーケットは、グローバルレベルでの競争が激化し、同社も真のグローバル企業への転換の踊り場を迎えていた。そこで、これまで培ってきたアシックスブランドの資産をベースに、現在から将来にわたり競争力の源泉となるブランド提供価値を再定義。

「新ブランド・マークの決定(TCD案採用)」「ブランドの提供価値の再定義」「ブランドスローガン『sound mind, sound body』を制定」の3点を実施。アイデンティティを継承しつつ、現代的に洗練させた新ブランド・マークによって、国際的な存在感を一層高めることに成功した。

(総合プロデュース 電通関西支社)

前のページへ戻る