株式会社あみだ池大黒

新しい大阪土産、DAIKOKU JOURNEYのプロデュース

米菓の老舗あみだ池大黒による、新しい大阪土産のブランド・店舗をプロデュース。同社を象徴する大黒様をモチーフに、「大黒様が、日本と異国、今と昔を行き来して試行錯誤を重ね、お米に合う食材にたどり着いて生まれたお菓子」をコンセプトとして、ブランド「DAIKOKU JOURNEY(ダイコクジャーニー)」が誕生した。TCDではブランドコンセプト開発、ブランドネーミング開発、パッケージデザイン開発、店頭デザイン開発など、ブランドのデビューをトータルにサポート。
大黒様が米俵のキャリーバックを片手に旅する、伝統を感じさせつつユーモラスなシンボルを作成。店舗と商品「大阪のえんぎもん パイ三度」のパッケージは、お土産では珍しいブルーと同社創業当時の大阪の古地図を用い、行き交う旅行者の目にとまるインパクト、新しさと大阪の老舗らしさを同時に表現した。

前のページへ戻る