そごう美術館

展覧会「今右衛門の色鍋島」 ビジュアルアイデンティティの開発

色鍋島は江戸時代に佐賀・鍋島藩が生み出した最高級色絵磁器である。その伝統は明治以降、藩御用赤絵師であった今泉今右衛門家によって代々継承されつつも、常に革新的な試みに挑戦し色絵磁器の芸術性は高められている。

TCDでは横浜のそごう美術館にて開催される、展覧会のビジュアルアイデンティティを開発。
伝統芸術と見られがちな磁器を革新を続けるコンテンポラリーな芸術と捉え、歴代の作家の作品や個性を印象的なタイポグラフィーで表現した。

前のページへ戻る