ひたむきにブランディングを追求します。

良い商品だから、必ず売れるわけではありません。
広告をしたからと言って、必ず売れるわけでもあり
ません。

技術力が高いから、品質が良いからと言って、企業
のイメージが必ずしも高いとはかぎりません。

私たちTCDは、こうした企業と社会の「勘違い」や
「認識のズレ」を解きほぐし、企業の持つブランド
を顧客接点において最適化することで、更なるブラ
ンド価値創出が図れる様、研究を続けています。
また、このブランド価値が顧客に的確に「伝わる」
ことを至上の喜びとしています。

企業・事業のブランディングから、リ・ブランディング。それを推進するコミュニケーションデザインの開発、商品政策に関わるパッケージングデザインの開発、さらに販売政策に関わる各種ストアブランディングの開発まで、TCDの豊富な実績と優れたデザインワークによる課題解決力をご活用ください。