トレンドキャッチ

2021.01.28

ブランディング会社のスタッフが選ぶ2020年ブランディングトピックス10

田中 恵子 クリエイティブ・ディレクター

2020年はコロナで始まりコロナに終わった1年でした。ブランディング関連の話題は多くなく、今年はこのコラムは難しいのではとも思いましたが、こうした年でも記録しておくことは大切ではないかと考え、いつものTCDスタッフアンケートを実施しました。挙がったトピックスは20と、従来よりも少ないものでしたが得票の多かったものを順にご紹介します。
もっとも注目を集めたのはコロナウイルスで、ブランディングやデザインのニュースもこれに関連したものが多かったと思います。デザインや広告でできることを、とさまざまな取り組みが生まれた一年でもありました。

 

COVID-19関連の取り組み

COVID-19については広告やデザイン業界でもさまざまな取り組みがなされましたが、世界中に広まり始めた頃のこれらのキャンペーンが最も印象深いものではないかと思います。マクドナルドやナイキ、フォルクスワーゲン、コカコーラといったメジャーブランドたちがこぞって「social distancing」を企業メッセージとして打ち出しました。企業ロゴを大胆にアレンジしたビジュアルはインパクトがあり、多くのフォロワーを生みました。

参考サイト)
McDonald’s and other brands are making ‘social distancing’ logos – CNN



 

「NISSAN」と「BMW」のリブランディング

自動車メーカーのフラットデザイン化が続いています。2020年は日産、BMWがよりシンプルなフォルムへとエンブレムをアップデートしました。日産はエンブレムのモチーフ、ロゴデザインをよりスマートにモダナイズ。夏には新しいニッサンを体験できる施設「ニッサンパビリオン」もオープンし、新ブランドが描く未来をプレゼンテーションしていました。
BMWはロゴの形状の変更こそ大きくありませんが、これまで黒かったベースカラーを取り払い、メインカラーをバイエルン州の色である白とブルーとしました。この透過している状態が基本というのは、独立性を守るべきとされることが多いブランドロゴとしては面白い試みです。



参考サイト)
新しいブランドロゴが、日産の新たな地平を開く 日産ストーリーズ グローバル
What does the BMW logo mean? | BMW.com

 

「Intel」企業ロゴリニューアル

そのシンボルを見ると「Intel inside」と頭の中に響いてくる円弧に囲まれたロゴも、非常にシンプルなロゴデザインとなりました。今度はこの「i」のドットがインテルだ、と言わんばかりのブランドムービーになってる、と思ったら公式サイトでもそうした言及がありました。

「i」のドットは、インテル・プロセッサーの可能性とパワーを表現

しているそうです。



参考サイト)
Explore Intel’s Visual Brand Identity

 

ローソンPBロゴ・パッケージリニューアル

2020年の日本のSNSで、最も話題になったパッケージデザインではないでしょうか。多くの人にとって身近な存在であるせいか、良くも悪くも注目されたリニューアルとなりました。店頭で目立つよりも、買った後の生活空間に馴染むことを意識したパッケージデザインだったため、賑やかな店頭では商品の視認性が難しい部分もあったようです。
個人的には、プライベートブランドなので商品群としてしっかりと面が取れる分、デザインでは「ほっとする」「やさしさ」といった情緒的な価値に重きを置くのは面白い試みだなと感じました。



参考サイト)
ローソン店舗に「nendo」デザインの新型コロナウイルス感染防止ポスターを掲出|ローソン公式サイト

 

「大阪万博」ロゴデザイン決定

2025年に大阪・夢洲で「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに開催を予定されている大阪万博。こちらのロゴもSNSを沸かせるデザインになりました。EXPO 70のロゴから増殖したような躍動感のあるユーモラスな造形で、さまざまな人々がイラストやムービーなどにアレンジ。太陽の塔も今の時代に発表されていれば、きっといろんな加工をされたのではと思うと、そのDNAはしっかり受け継がれているのではないでしょうか。



参考サイト)
2025年日本国際博覧会 ロゴマーク最優秀作品 決定 | 公益社団法人2025年日本国際博覧会協会

 

Google、Gmailなどアプリアイコンリニューアル

Googleのサービス、G SuiteがGoogle Workspaceにリブランドされたのを受けて、提供しているGoogle DriveやGmailなどのアイコンが大幅に変更されました。新しいアイデンティティはGoogleカラーに彩られ、太くシンプルなフレームで表現されていて、より一貫したデザインとなっています。



参考サイト)
Google Workspace のご紹介 | Google Cloud Blog

 

「高輪ゲートウェイ駅」オープン

JR山手線で49年ぶりに30駅目となる新駅「高輪ゲートウェイ駅」がオープン。駅名が決まった当初も話題になりましたが、折り紙をモチーフとした大屋根がかかる駅舎と従来の山手線の駅とは異なる明朝体の駅名表示も注目されました。



参考サイト)
高輪ゲートウェイ駅 – 作品紹介|株式会社JR東日本建築設計

 

「楽天モバイル」デビュー

ドコモ、au、ソフトバンクに続く“第4のキャリア”として楽天が携帯キャリアブランドをスタート。楽天のロゴはそのまま、ビビッドなマゼンダピンクをキーカラーにすることでフレッシュな印象になっています。店舗もマゼンタを基調とし、シンプル&クリーンな空間にビビッドカラーが映えていました。



参考サイト)
「楽天モバイル 恵比寿店」新デザインの店舗オープン当日の舞台裏 | 楽天モバイル株式会社

 

「ahamo」デビュー

低価格サブブランドを持っていなかったドコモから、20代のデジタルネイティブ世代に向けた新料金プランとしてデビュー。丸みを帯びた小文字のサンセリフ体のロゴデザインはdocomoロゴと連動したイメージに。若い世代向けということで申し込みも全てオンラインで完結する思い切ったサービスになっています。



参考サイト)
ahamo | アハモ

 

ラグジュアリーホテル「W」日本上陸

1998年にニューヨークで誕生したマリオットが展開するラグジュアリーホテル「W」がついに日本上陸。華やかで遊び心のあるデザインは、活気溢れる大阪・御堂筋にきっと映えるのではないかと思います。デザインホテルのトップブランドとも言えるホテルが大阪でどんな存在感を示すのか楽しみです。

参考サイト)
Wホテルワールドワイド | 華やかな空間

まだ世界的にもコロナは終息する気配が見えす、ブランドに携わる方々にとっても難しい状況が続いているのではないかと思います。しかしこうした中でも、新たな取り組みやwithコロナ、コロナ後の暮らしに向けてさまざまな取り組みが生まれています。困難な状況の中で私たちが得た知恵が次のステップで生かされるよう、今年も少しでも多くの経験を蓄積していきたいと思います。

[筆者プロフィール]

田中 恵子
クリエイティブ・ディレクター

コンセプトからそのデザイン、コミュニケーションまでさまざまなブランド開発プロジェクトに携わる。デザイン領域にこだわらず暮らしをよりよくできるモノゴトをめざす。


ご相談・ご質問など、お気軽にお問い合わせください。
ネットでのご説明、打ち合わせも対応しております。

最新の記事

人気の記事

Think Branding Contents

お問い合わせ

ブランディングについてのお問い合わせ

課題や状況に合わせて、ブランディングのメニューのご提案や事例などをご案内します。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら