株式会社今与

新しいダイヤモンドのジュエリー「SHINCA」のブランディング

SHINCA[シンカ]は、京都で150年以上の歴史を持つ宝石の老舗、今与が提案する、日本初となるラボ・グロウン ダイヤモンド(合成ダイヤモンド)を用いたジュエリーのブランド。
TCDは、ブランドのコンセプト立案から、ネーミング、ロゴ、パッケージデザインなどを担当。「進化する、新しいかがやき。」をコンセプトに、ダイヤモンドの選び方、楽しみ方を広げるブランドにふさわしい世界観を表現した。

前のページへ戻る
お問い合わせ

ブランディングについてのお問い合わせ

課題や状況に合わせて、ブランディングのメニューのご提案や事例などをご案内します。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら