10日集中ヘルス&ビューティーブランド 「Atoca(アトカ)」のブランディング

70年の歴史を持つ田村薬品。1980年に薬草園を開園して以来続けてきたハーブの栽培と研究の知識を生かし、健康と美にアプローチする10日集中ヘルス&ビューティーブランドの立ち上げを支援。ブランドの強み、そして多忙な現代人を元気にしたいという田村薬品の想いを、ヒアリングとワークショップを通してコンセプトに落とし込んだ。確かな効果に加え、体へのやさしさ、安心・安全も感じられるネーミング、パッケージデザイン、ウェブサイトを設計。10日でキレイと健康を間に合わせる信頼感と安心感が伝わる表現を目指した。 https://store.tamura-p.co.jp/atoca/

リバーレース商品「Le La Sa(ルラッサ)」のブランディング

18世紀にイギリスで生まれ、フランスで発展したリバーレース。1958年から日本で生産を開始し、現在は生産量世界No.1メーカーである栄レースの、繊細で革新的なリバーレース商品のブランディングを支援。その歴史と誇りをまっすぐに「Le La Sa(ルラッサ)」(Leavers Lace Sakae)というネーミングで表現。日常使いして欲しいという想いから、Luxe, L'art, Satisfaction(贅沢のある日常、アートのある日常、幸福な日常)の意も込めた。ロゴのモチーフには、長年継承してきたリバーレース機をあしらい、歴史や技術を表現するとともに、人々の日常の中で身近な存在になるよう親しみやすいデザインとした。 https://www.sakae-lace.co.jp/ https://lelasa.com/

賃貸住宅「SMALIO(スマリオ)」のブランディング

70年の実績を持つ大阪府住宅供給公社が建設から管理まで一貫するからこそ提供できる“自分らしく、ゆとりあるくらし”。そして、暮らしやすい環境づくり、コミュニティづくりも評価が高い同公社の住まいを選ぶからこそ手に入れることのできるくらし。そのブランド提供価値を「SMALIO(スマリオ)」(Smart Life Osaka)というネーミングで表現。ロゴ制作では、ゆとりあるくらし、社員とお客様の繋がり、またコミュニティの中で生まれる人と人との繋がりを、親しみやすく共感度の高い形状で設計した。 https://www.osaka-kousha.or.jp/

岡山の総合人材サービス会社「キャリアプランニング」のコーポレート・リブランディング

「キャリアプランニング」のブランド価値を高め、その多様性や魅力について周知を図るためのコーポレート・リブランディング。ブランド・シンボルは「C」をモチーフに、企業や求職者にとっても一番近い存在であり、プロとして個々の課題に合わせてとことん寄り添う“ON YOUR SIDE”な姿勢を表現。 点から面へ広い視野で観ながら、一人ひとり、一社一社の「はたらく明るい未来」を考えたサービスを創り出す姿として設計しました。 https://www.capla.co.jp

吟撰米屋 結の蔵

埼玉県川越市の創業1936年の米店、金子商店の新店舗ブランド開発。同社の産地と消費者をつなげ、米文化を未来に残すフィロソフィーをネーミング、ブランドデザインで表現。

Bayline(ベイライン)

ファッショナブルなリーディンググラスメーカーのパイオニアである同社の新社名兼ブランド名を開発。 神戸から新しいスタイルを発信するブランドというイメージをBay(湾。神戸の海のイメージ)とライン(主義、好み、スタイル)という言葉の組み合わせて表現した。

+Thank(プラス・サンク)

お客さまが本当に望む結婚式や披露宴をかなえるブライダルの会社。新郎新婦からゲストへ「ありがとう」の気持ち(Thank)を伝えるために、サービスをプラス(+)する事業であることを表現している。

RISOZU(リソウズ)

「環境、防災、防犯」をテーマとした事業を展開する会社。「社会のセーフティーネットと、人と人の心を紡ぐ」という理念を、「理想図」「Re-Sews(再び縫いなおす)」の意味を持つ社名に込めた。

ネグジット総研

主に薬局経営のコンサルティングから、経営支援のソフトウェアの開発・提供を行うネグジット総研。新しい事業を開始するにあたり「一歩先を見すえて展開したい」という願いを込めて、英語の「next it」(次にくるもの、次に流行するもの)より名付けた。

uQuest(ユークエスト)

ユビキタス社会をリードするミドルウェア会社。「あなたのために、これらの4つを追求(quest)し続ける」という姿勢を表明している。「u」は、「Use-Oriented」(顧客本位)、「Uniqueness」(独自性)、「Utmost」(最大限)、「Ubiquitous」(ユビキタス)の4つの頭文字。

PICASO(ピカソ)

香川県西部で展開する独立系スーパーマーケットのネーミング。「ピカっと光る」と、英語の「Prime」にあたる「素(そ)」を組み合わせて、「ピカっと光るスーパーマーケット」を表現。アート県・香川らしく「まるでアートに出会った時のような感動や安らぎを提供する」という思いを込めて、天才画家・ピカソから名付けた。

ASPIT(アスピット)

外食産業向けIT支援システム「ASP」+「IT」の造語。また「明日へのピット(自動車レースの整備場)」、つまり「未来へのスタート地点となるように」との願いを込めて名付けた。

Commuture(コミューチュア)

情報通信の基盤と未来を担うにふさわしい社名として、「コンストラクション」「インフラストラクチャー」「ベンチャー」「フューチャー」「コミュニティ」「コミュニケーション」をキーワードに開発した。

Contact Form

まずは、お気軽に
ご相談・お問い合わせください。