グローリー株式会社

BtoB企業、グローリーのコーポレート・ブランディング

通貨処理機器の国内トップメーカー、グローリー。「20世紀型の製造業」のままだった企業イメージを、販売子会社との企業統合を機に「知的ソリューション提供企業」のイメージへとリブランディング。

ブランド資産調査、ブランドコンセプトの確立からブランド・シンボル、ブランド・カラー、スローガン、建物サイン、ブランド・サイン、ショールーム、展示会、Webサイト、名刺、ステーショナリーなど、BtoB企業の重点コンタクトポイントで、企業価値が五感を通じて伝わっていくイメージコントロールを徹底。またグループ社内に対して求心力を高める目的でブランドブックの配布も実施した。

前のページへ戻る