ネーミング開発(会社名、商品名、サービス名など)

ネーミング開発は、今日のビジネス界において、製品やサービスを競合の中で際立たせるために極めて重要です。強く、印象的なネーミングは、製品やサービスのマーケティングや販売において、大きな違いを生み出します。

しかし、現在では商品やサービスの数が非常に多いため、商標登録されていないユニークなネーミングを考え出すのは非常に困難です。これは、商品やサービスだけでなく、会社や企業にも言えることです。そこで、ネーミング開発のプロであるネーミング・プロダクションに依頼することで、商品・サービス・企業の成功の可能性を最大限に高めることができます。

TCDは、ブランディングビジネスの一環として、30年にわたりネーミング開発に携わってきました。TCDのネーミングソリューションは、まず、クライアントから徹底的なヒアリングを行い、ネーミングに盛り込むべき情報や要素をネーミング開発基準という形で明確にします。その後、プランナーやコピーライターがアイデアを出し、このネーミング開発基準に沿って評価することで、個人の好き嫌いに左右されることなく、本来の想いや価値、意味をしっかりと表現したネーミングを開発することができます。また、知的財産管理技能士の資格を持つ者が複数名おり、国内外の商標に関する豊富な経験をもとに、商標権をクリアできるネーミングを戦略的に提案し、適切なアドバイスを行うことができます。感性と知性を両立させたネーミング開発のメソッドを持つことが、TCDの強みです。また、企業名や商品名とともに、そのブランド価値やイメージをわかりやすく表現するタグラインやスローガンの開発にも取り組んでいます。

ネーミング開発例

  • 企業名・会社名開発
  • 企業ブランド名開発
  • 事業ブランド名開発
  • 商品ブランド名開発
  • サービスブランド名開発
  • ブランドメッセージ・タグライン開発

ネーミング開発プロセス

  • 基礎要件の確認
  • 商品・企業イメージとの整合性の検討
  • 知財面での要件確認
  • 評価基準の設定
  • クリエイティブ要件の設定

ネーミング開発事例

ネーミングについてのお問い合わせはこちら

BrandingTopics ネーミング関連コラム

TCDのブログ「BrandingTopics」のネーミング関連コラムです。併せてご覧ください。

新事業・新製品担当者が知っておきたい「ネーミング」開発のポイント

最近、私たちTCDへのお問い合わせが多いテーマとして、ブランディング、パッケージデザインのほかに「ネーミング」があります。会社の立ち上げ、新しい事業や製品の立ち上げ時に無くてはならない「ブランドの名前」に頭を悩ませておられる方が多いと思います。単に名前を考えることは誰でもできるかもしれませんが、市場や技術が成熟した現代において、製品の機能だけで明確な差別化が難しく、どうブランディングするかがプロジェクトの浮沈の鍵を握るなか、ネーミングに対しての重要性が高まっているのだと感じています。・・・

ネーミングのトレンドと発想法

どんなネーミングがいま流行っているか。私たちTCDにネーミングをご依頼いただく際に、ネーミングのトレンドについてご質問いただく場合があります。
近年、「渋谷ヒカリエ」「東京ソラマチ」「あべのハルカス」など、新しいランドマークとしてオープンした商業施設に日本語由来の造語のネーミングが多いのが、トレンドの一つとして挙げられると思います。・・・

グローバルネーミング開発のススメ

近年のネーミングのトピックスの一つとして「グローバルネーミング」の依頼が多くなっています。
一方で、当初から海外での事業展開も視野に入れているが、ネーミングとしては、グローバルネーミングが難易度・コスト面から「まずは日本市場向けだけに」というお話もよくお聞きします。グローバルネーミングの統計上の指標のひとつとして、日本国特許庁に国際登録出願することにより、指定した複数の締約国(2016年3月:97ヶ国)で商標の保護が受けられるマドリッド・プロトコル制度による国際登録出願(以下「マドプロ国際登録出願」)の件数推移があります。

Contact Form

まずは、お気軽に
ご相談・お問い合わせください。