Branding Topics #34:ワールドカップでのブランディング

ワールドカップ、皆さん楽しんでらっしゃいますか?
日本は残念ながら一次リーグ敗退でしたが、戦いはまだまだ終わりません。そして、国の代表選手の戦い以外にも、火花を散らしているのがスポーツウェアブランドです。今回はアディダスとナイキという、ワールドカップを代表するふたつのブランドに関するニュースをピックアップしました。

CNN.co.jp 2014.6.29付 ブラジルW杯最大の戦い――アディダス対ナイキ
http://www.cnn.co.jp/business/35049651.html

ナイキは言わずと知れた世界最大のスポーツ企業。アディダスは2番手ですが、ワールドカップの公式スポンサーとしてW杯公式球なども手がけています。ナイキもアディダスも、人気選手のスパイクを手がけ、同時に広告展開を連動させ、ブランドイメージの向上を狙っています。

アディダスは「バトルコレクション」という、グラフィックパターンがとてもインパクトの有るデザイン。このグラフィックパターンを選手の広告にプリントした広告も迫力がありました。
73852
adidasのサッカースパイクに強烈なデザインのブラジルW杯モデル、「バトルコレクション」が登場
http://qoly.jp/2014/05/13/adidas-football-boots-battle-pack

ナイキはトレンドのネオンカラーで、色によるインパクトを打ち出しています。このネオンカラーは芝生の上でよく映えていましたね。
74646-1
【W杯ブラジルスパイクまとめ】ナイキは革新の4型。ネイマール、大久保ら着用
http://www.fashion-headline.com/article/2014/06/12/6569.html

もうひとつおまけにプーマ。プーマはなんと左右でカラーがまったく違うデザインを採用しており、揃えるとプーマのしんぼりが浮かび上がってきます。ピンクとブルーのカラーリングが爽やかですね。
73866
【W杯ブラジルスパイクまとめ】プーマは左右異なるカラー。長谷部、川島ら着用
http://www.fashion-headline.com/article/2014/06/11/6557.html

また、動画を用いたプロモーションにも力が入っています。
アディダスは「やるか、やられるか」をスローガンに、往年の名選手がベッカムの家でサッカーをするという楽しい動画を。
House Match ft. Beckham, Zidane, Bale and Lucas Moura

ナイキは「RISK EVERYTHING」をテーマにロナウドやネイマールがアニメキャラになって暴れまわるショートムービーを公開しています。
The Last Game ft. Ronaldo, Neymar Jr., Rooney, Zlatan, Iniesta & more

動画再生回数の勝負では、現役選手のアニメ化でショートムービー仕立てなのが功を奏したか、アディダス1,000万回、ナイキ5,000万回とナイキに軍配が上がっています。