一次産業をブランディングで活性化する
自社ブランドの立ち上げで社内が変わる、食品卸会社の挑戦

山晃食品「5MINUTES MEATS(ファイブミニッツ・ミーツ)」

「一次産業をブランディングで活性化する」の第2回。今回は「氷温熟成神戸牛」で注目を集めている山晃食品の上野社長にお話を伺いました。


第1回 「こだわり」を伝え続けるブランディング 高尾牧場「神戸ポーク」
第2回  自社ブランドの立ち上げで社内が変わる、食品卸会社の挑戦


個別の要望に応えた加工品を届けるビジネスモデルで差別化

神戸市西区に本社を置く山晃食品は、食肉卸売業としてスタート。独自のルートから調達した神戸牛などの質の高い食肉を、全国の一流ホテル、レストランへ提供してこられています。また自社内に調理部を持ち、上質な肉を使ったハム、ソーセージ、ローストビーフ、シチューといった加工品を製造。お客様の個別の要望に合わせて下拵えした料理をお届けするビジネスモデルで差別化。「肉そのものでは差別化は難しいですし、価格競争では大手には勝てません。上質にこだわり、付加価値の高い商品へのシフトを進めています」と上野社長。前回ご紹介した高尾牧場の神戸ポークの加工品は、すべて山晃食品が製造。その確かな美味しさはシェフ達の間で高く評価されています。

メディアも注目!「氷温熟成神戸牛」

このように高付加価値戦略を進める山晃食品で、今一番注目を集めているのが「氷温熟成神戸牛」です。テレビ、ラジオ、新聞などのメディアにも頻繁に取り上げられています。氷温熟成とは、食材が凍る直前の「氷温域」で保管、加工を行うことで、食材の持つ旨味を増幅させる技術のこと。細胞が凍るまいとする防御反応により、旨味成分であるアミノ酸が増えて美味しくなります。開け閉めの少ない場所で、温度帯を変えずにじっくり時間をかけて熟成させる山晃食品の氷温熟成技術は、公益社団法人「氷温協会」の認定を受けています。氷温熟成はこの協会に認定されたものしか名乗れないそうです。
一番のおススメ商品が「氷温熟成神戸牛ローストビーフ」。氷温熟成させた神戸牛のモモ肉を、丁寧に低温でじっくりローストビーフに仕上げた逸品です。300gで10,800円とお値段は高いですが、「モンドセレクション」の最高金賞や「五つ星ひょうご」の選定商品にも選ばれるなど、その美味しさは折り紙付きです。

家庭用ブランド「5MINUTES MEATS(ファイブミニッツ・ミーツ)」を展開

長年、ホテル、レストランへお届けしてきた料理を、ご自宅で手軽に楽しんでいただくために誕生したのが「5MINUTES MEATS(ファイブミニッツ・ミーツ)」です。素材にこだわり、手間ひまをおしまず丁寧に仕上げたプロの味を、ご家庭で簡単に素早く味わっていただきたいという思いを「5MINUTES=5分」というネーミングに込めています。「ブランドを立ち上げて2年、世間一般への認知はまだまだですが、社内に対して大きな効果がありました。自社オリジナルブランドを持つことで、社員の意識が外向きに変わりました。自分たちが気に入ったブランドをもっと広めて行きたいと。これを中途半端なブランドロゴにしていたら、ここまで社内の一体感を生むことはなかったと思います」と上野社長は力強く語ってくださいました。
「新生・山晃食品の象徴としてブランドを持つという決断をしました。ブランディングはTCDさんに依頼しました。TCDさんのセンスの良さは信頼していましたし、きっといいブランドにしてくれるという確信がありました」(上野社長)。
TCDと打ち合わせを重ねてコンセプト、ネーミング、ロゴやパッケージなどを定め、ブランドの立ち上げから2年が経過。これまでは自社サイトやネット通販で販売してきましたが、兵庫県芦屋市に直営店「5MINUTES MEATS」が2018年2月にオープン予定です。5MINUTES MEATSの各種惣菜の販売と、ローストビーフサンドやライスバーガーなどの食事も提供。「ここは山晃食品が目指す『ひとつうえの美味しさへ』を体験いただくコンセプトショップです。この店から話題が拡がり、家庭用事業の活性化の起爆剤になればと考えています」(上野社長)。

5MINUTES MEATS(ファイブミニッツ・ミーツ) ロゴデザイン(TCD)

ショップパースデザイン(一級建築士事務所 有限会社アブデザイン)

5MINUTES MEATSの料理メニュー 一部


「このブランドがなければ、直営店を展開するというところまでいくことはなかった」と上野社長は振り返られています。ブランドが社内に明確な方向性と活力をもたらした成功ケースだと思います。今後の対外的な展開が楽しみです。


[筆者プロフィール]生山久展 株式会社TCD 副社長 クリエイティブディレクター
戦略開発、調査・分析、商品開発、販促展開まで幅広いブランディング業務に従事。
30年余の実務経験をベースに、的確な現状分析から本質的な課題解決のプランニングを得意とする。